どうしようもないだぶすた

現在、日本から見た中国と言う国の印象は間違いなく最悪です。
尖閣を奪おうという領土的野心を隠しもしなくなった事や
反日デモ、と言うか暴動で日本企業の店舗や建物を破壊して略奪しまくったのもありますが
このマイナス感情の出処として無視できない要素があります。

中国が、時と場合によって先進国と発展途上国の立場を調子よく使い分ける
ダブルスタンダードを非常に多用している点です。

年間10万件と言われる農村部の暴動に目を疑うレベルの都市部の大気汚染、
ATMが吐き出す札の10枚に1枚が偽札という状況ときてこの間のバブル崩壊と、
国終了レベルの問題をいくつも抱えていながらそれを加味してもなお
中国と言う国の経済規模・影響力は間違いなく先進国の物です。
にもかかわらず、途上国向けの日本のODAを受け取り続けています。
その一方で、国連では拒否権のある常任理事国の地位にしがみついています。
もう何が何やら。

そしてこの中国のダブスタの極みともいえるニュースが報じられました。
国連予算の分担率改定により、中国の負担が大幅に増えると見込まれていることに対し
「中国を他の発展途上国と区別することに反対する」ですからね。

だから中国さん、あなたは一体どっちなんですか?三井住友銀行カードローンの審査基準!審査に通る必勝法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です