労働者派遣法案の改正の成立に関して

6月の下旬になって、政府の与党の賛成多数で労働者派遣法案の改正が成立する見込みです。改正の内容に関して、派遣労働者の雇用期間として3年という年数を撤廃します。契約期間が終了した後でも無期限で派遣の業務を請け負ったり、正社員への登用を見込むなどの雇用の安定を目的とした改正の内容です。一方で、契約期間が終わってもそのまま仕事を継続するかどうかは会社と派遣社員の合意で決まりますので、場合によっては人の入れ替えをしながら他の業務に就く事も考えられます。派遣会社や請負先の会社にとっては、適宜な人員の調整が出来て、予算の調整の点でもメリットが大きいです。

一方で、労働者によっては今回の法案の改正によって、雇い止めになるというデメリットも考えなければならないです。改正ではなくて、労働者に対してデメリットがあるならば改悪であると思います。本来の派遣法案の目的は企業が長年に渡って、労働者を上手に使って企業の運営を円滑にする事です。

生涯に渡って派遣で生活する事を考えて、不安定な労働を押し付けない事が本来の改正の意義です。請負先の企業が労働者と相談したり、派遣会社が仕事の継続の事や待遇の面などに関してしっかり対話をする事が重要です。カードローン即日

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です