安保法案についての意見

集団的自衛権を認める法改正が通ろうとしていますが、これを通してしまいますと、立憲主義の建前が完全に崩壊してしまいます。それによる帰結は深刻であり、憲法は国家を縛るものですが、それがなくなるというわけですから、もはや何物にも縛られない国家が現れることになります。この先に徴兵制があることは明らかでしょう。

集団的自衛権を認めるなら認めるで、明らかに違憲であるのにもかかわらず立法化するなどというようなことはせず、憲法改正という道を採るべきでしょう。国民投票によって憲法9条が改正されるのであれば、それはそれで仕方ないということも言えなくはないのかもしれませんが、単に首相の一存で憲法解釈を変更して立法化するなどというのは近代国家としてはあり得ず、何としてでも避けるべきことです。

集団的自衛権を持つということが危険含みであることは疑いありません。要するに、戦後ずっと続いている対米追従がさらに加速し、アメリカの戦争に日本の若者を送り出すということになるからです。憲法9条は絵空事のように思われているのもしれませんが、それなりに今までも現実的に作用してきました。これなしではベトナム戦争に参加させられていたでしょう。この理念を鍛えていくことが求められます。主婦キャッシング

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です