税金が安くなったとしても・・・。

所得税の控除制度が見直されるそうです。ニュースによると、若い世代の税負担を軽減して、年齢を問わず経済力のある人にはそれ相応の負担を求めるとのことです。

もし本当に税負担が軽くなったとして、本当に生活は楽になるんでしょうか?その分出て行くお金が増えたら・・意味ないですよね。消費税の10%への増税が予定されているし、国民年金の額は毎年上げられています。それに復興税のように、新たに税金が課される可能性は大いにありますね。

そう考えると、よっぽど思い切った事をしないと意味が無いように思います。それでも増える出費の分だけ税金が減って、トントンになればまだマシなのかもしれませんけど。

そして、取れるところからは頂くというのも、個人に限ってはどうなのかなって思いますね。それよりは、ギャンブルに税金をかけるとか、宗教法人から徴税するとか、大企業への法人税の税率を上げるとかした方が良いんじゃないかなと思います。

そして、毎年固定の率じゃなくて、景気に応じて設定するとか、柔軟に対応すればいんじゃないかとも思います。儲けた時には多めに払ってもらうってすればどうかと・・。

生活が苦しいと感じている国民は、6割もいるそうです。もちろん私もその一人です。少しでも税金が少なくなることを、あまり期待しないで待っていようと思います。即日キャッシング

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です