生鮮品宅配に異業種から多数参入している現状の裏側

生鮮品宅配が広がりを見せています。大手のアマゾンが参入しその後続々と参入する企業が出ています。「丸亀製麺」を全国展開する外食大手のトリドールホールディングスや、家電量販大手のヨドバシカメラも参入しています。もともと生鮮品を通販で販売していたJAは販売数が大きく伸びているようです。記事を読んでいると引っかかることが書かれていました。配送エリアが東京23区のみというのが大半でした。日持ちのしない生鮮品だけに当日さばかなければならないリスクがあります。確実性のある東京に的を絞ったようです。逆の見方をすると便利さと会社の利益を追求するためには東京しかないように見えます。気になって各サイトを見ました。ネットスーパーのようなものかと思ったら普通の通販サイトでした。生鮮と言っても鮮度が売りは農産物のみでメインの配達エリアの東京の人たちにとって家に居ながら、日本中のおいしい物を食べることができるという感じに見えました。肉も魚もこれと言って目を引くものはありませんでした。唯一あるのは注文から2時間で配達とかのピザ宅配のような、スピード配達でした。今夜のおかずに使えるということになります。東京在住の人にはいたれりつくせりだと思いました。一方で話題になっている移動スーパーと対照的な記事でした。東京一極集中を目の当たりにしたようなニュースでした。

みずほ銀行カードローン 審査
みずほ銀行カードローンの審査は実は専業主婦でも通るって知ってました?とっておきの審査情報をお届けします!